FAQ

FAQ

ADX2 LE の機能に関するFAQ

「ADX2 LE」はCocos2d-xのVer.3.2以外のバージョンでは使用できますか?

/ 2013年3月25日 : 更新

ADX2 LE のライブラリ自体はCocos2d-xの別バージョン(Ver.2系含む)でも利用可能です。
ADX2 LE SDK for Cocos2d-x のサンプルプログラムは Cocos2d-x Ver.3.2 でのみ動作確認しています。Cocos2d-x Ver.3.2以外で利用する場合は、サンプルプログラムを参考にユーザー独自で実装してください。

C/C++以外の言語からも使用できますか?

/ 2013年3月25日 : 更新

可能です。「ADX2 LE」Windows版ライブラリは、C言語でつくられたダイナミックリンクライブラリです。
C#やjavaなど別の言語からの利用につきましては、各種言語のドキュメントにて、「CでつくられたDLLの利用方法」をご参照ください。

「ADX2 LE」に含まれているサンプル素材は加工して使用できますか?

/ 2013年2月14日 : 更新

サンプル素材の利用や転用は禁止されています。使用いただける素材は別途ご提供しています。(ツール→ヘルプにて、素材ページURLをご案内しています。)

素材サイト等からダウンロードした音を「ADX2 LE」で加工できますか?

/ 2013年2月14日 : 更新

可能ですが、素材の加工や配布はその配布元の使用条件に従って行ってください。加工を禁止された素材もあります。

「ADX2 LE」の対応プラットフォームは何ですか?

/ 2013年2月14日 : 更新

「ADX2 LE」は、PC、Mac、iPhone、Androidに対応しております。Web Playerや各種コンソールゲーム機、Windows Phoneには対応しておりません。

「ADX2 LE」が対応している開発環境は何ですか?

/ 2017年10月19日 : 更新

「Unity」「Cocos2d-x Ver3.2」「Visual Studioを用いたPCゲーム開発」となります。PC, Mac, iOS, Android向けの出力に対応しています。
また「Unreal Engine 4」を用いた開発にも対応しております。ただしこちらは PC 向けの出力のみの対応となります。

その他の開発環境の場合は、「ADX2 LE」のランタイムを使用せずツールから直接WAVEファイルを出力する「バウンス機能」を利用することができます。

なお、有償版「ADX2」は、コンソールゲーム機向けのUnityや、Unreal Engine 4など、多くのゲームエンジン・プラットフォームでのライブラリ組込みに対応しています。

chm形式のマニュアルの内容が表示されません。

/ 2013年2月14日 : 更新

・Windowsの方
Windowsのセキュリティ機能によって.chmファイルの表示がブロックされている可能性があります。
以下のいずれかの方法で対応してください。
(a) chmファイルを右クリックして[プロパティ]を選択、[ブロックの解除]をクリックする。
(b) chmファイルを開くときに[セキュリティの警告]ダイアログが表示される場合は、[この種類のファイルであれば常に警告する]のチェックを外す。

・MACの方
chmファイルを閲覧できるソフトウェアを導入の上、ご利用ください。

「FAQ」で解決できない問題やご要望については、右のボタンよりお問い合わせください。

お問い合わせ

ページ上部へ
会社情報 アクセス ご利用にあたって プライバシーポリシー